2022年4月24日

 油の匂い


新しく導入した横切り盤。
作業の精度が格段に向上したが、それ以上に機能的で無骨な見た目と
重量感に魅了されました。




2022年3月21日

 事後報告ですが


寒さ厳しく、まだ梅がつぼみの頃、工房を移転しました。
自分の人生のさまざまなタイミングが見事に重なり、移転を決断。

場所が広くなり念願の大型木工機械も導入し、大急ぎで作業場の
整備を進めています。
これまでよりさらに大きな家具の製作も対応できるようにしていきます。

どうぞ変わらずよろしくお願いいたします。




2022年1月28日

L字型・デイベッド型ソファークッション




町田の新築住宅にソファークッションを納品しました。
1階、2階の吹き抜けと、眺望の気持ちいい建物でした。

作り込みのディティール密度の高い建築に対して、家具が出来ることは
何なのか。近頃そんなこともよく考えます。


建築設計
Mアトリエ 一級建築士事務所
施工
株式会社中山建設

2022年1月22日

ベンチを兼ねたTV台



川崎市のお客さまからのご注文で、2,1mのTV台を製作しました。
ベンチとして移動もさせる家具のため、地板は無しでの設計です。

配線との取り合わせ等、背面が凝った造りでカッコよかったのですが、写真撮り忘れました。

新しいおうち、新しい家族、新しい生活を始めたお客さま。
そんな場所に自分の家具を選んでいただいて、何より光栄です。


・ナラ突板合板
・2100w × 400d × 315h




2022年1月8日

 寒中閑思


先日家具を納めた小田原の家。お茶席用の水屋のある建物でした。
写真撮影中に和室にお邪魔しましたが、落ち着いた気持ちと
伝統の良さを再確認する機会にもなりました。

良いものの視座はその都度変わりますが、いつ、どんな状態の時でも
変わらない芯を自分の中に持っておく必要も感じました。




2021年12月20日

小田原収納製作


建築家 根岸正典さんが小田原に竣工する住宅に、家具を数点、納品設置しました。




・玄関下足入れ                : 1900w × 900h × 400d
・洋間TV台                 : 1505w × 550h × 320d
・アトリエ戸棚 / コーリアンカウンター      : 1000w × 800h × 440d
・家事室カウンター / 物入れ        : 1650w × 2450h × 600d

 材料 : タモ突板合板、ポリ合板
 

 設計
 根岸正典・計画工房
 神奈川県藤沢市川名2-1-2-4F
 0466-27-0432




2021年11月1日

名人もすなる Tanbourといふものを


注文仕事の合間を縫って、チークで蛇腹戸収納を製作しました。
設置場所の左側に扉開口があるため、心理的にも動線を邪魔しないように
家具のコーナーを曲線にしようと思いましたが、扉をどうするか考えました。

Rの扉では開け閉めでスペースを取られるし、精度にも問題がある。
扉が無いのも味気ない。
そこで、今まで頭の隅にあったものの、今までも、そして、これからも
なかなか作る機会の無いであろう蛇腹戸を製作してみようと考えたのです。

製作にあたり、家具の裏側、壁と背板の間に蛇腹戸の入るスペースを設け、
試作を繰り返しながら、家具本体と蛇腹の構造とサイズを決めていきました。
強度の許すギリギリまで桟材を細く薄くした結果、スマートな蛇腹戸を
製作することができました。

誰かに教わったわけでもないので、これが本道かはわかりませんが、実際に
戸が動くところを見ると、これだけのヴォリュームのものがするするとどこ
かへ消えていくようで、不思議な感覚に陥いる収納が完成しました。


・チーク無垢、チーク突板合板
・1800w × 900h × 450d

さあ、遠慮せずに